カラコン 安全性

カラコンの安全性について

カラコン(カラーコンタクトレンズ)は、視力矯正用と雑貨用(おしゃれ用)という2種類があります。

 

今カラコンはとても人気があり、女性・男性問わず、多くの方が利用しているものでもあります。ですが、これらの安全性を気にしながら使用している方はどのくらいおられるでしょうか。

 

ここでは、カラコンの安全性についてご説明していこうと思います。

 

カラコンって安全なの?

カラコンは、10代や20代など、おしゃれを楽しむ若い方を中心として今も人気を集めている商品です。

 

おしゃれ用として販売されているカラコンは、以前は雑貨扱いとなっていたため、目の障害に関する報告が多くあがっていました。

 

2010年からは、おしゃれ用のカラコンが雑貨としてではなく、視力矯正用のカラーコンタクトレンズと同じように、医療機器として取り扱われる事になりました。

 

角膜を傷つけたり、最悪の場合には失明してしまうという事もあったのが以前のおしゃれ用カラコンです。

 

2010年以降は、許可を取得している販売店の中でも、安全性を確保した届出品や、基準に適合したもののみ販売可能となり、2011年以降には、国から製造販売承認を受けたもののみが販売可能となりました。

 

販売店や通販などでカラコンを購入しても、眼科を受診せずに使用するという人が多く、安全性や正しい知識などを知らないままに利用されている事が問題となっています。

 

目に異物を入れることになりますので、やはりしっかりと使用方法などについて知っておく必要があるのです。

 

カラコンのお手入れはしっかりと!

カラコンは、正しい使用方法を知っていなくては、いくら安全性を確保した商品だとしても、目に悪い影響を与えてしまうことがあります。

 

いくつもあるカラコンの種類によって、使用方法が異なるものはあれど、いずれの商品も清潔を保つ事が重要です。

 

清潔なケースに保存液を入れてカラコンを浸したり、定期的に洗浄しなくてはなりません。

 

カラコンの取扱い説明書をしっかりと読み、注意点などを十分に理解しなくては、その後ひどく後悔してしまうことも考えられます。

 

・寝るときは絶対に外すこと
・装着時には手を洗うこと
・定期的に洗浄すること
・カラコンを乾燥させないこと
・使用期限を必ず守ること

 

このような点をしっかりと守り、おしゃれするようにしたいですね。